浅草猿若町 一大芝居町 | 大江戸探訪 浅草観音裏をめぐる

浅草猿若町 一大芝居町 | 大江戸探訪 浅草観音裏をめぐる

江戸歌舞伎の一大拠点
今では碑が残るだけですが
しっかりとその伝統が残されています
当時の喧騒を想像して下さい

宿・ホテル予約ならじゃらんnet

 

注目情報 >> ANA航空便(全国900便)と全国の宿泊施設(約20,000軒)を自由に組み合わせてあなただけのオリジナル国内ツアー

浅草猿若町

旧浅草猿若町は、現在の浅草6丁目の一部にあたり、江戸時代に江戸中の芝居小屋をここ一ヵ所に集めるために新しくつくられた町でした。

遡る事、江戸時代の終わり頃、風紀の乱れを恐れた江戸幕府は、老中・水野忠邦の打ち出した「天保の改革」により、芝居小屋を廃止する命令を出しましたが、当時の北町奉行・遠山左衛門尉景元(遠山の金さん)が「庶民の娯楽を奪うことは却って人心の安定に役立たない」の献言により一ヵ所に集めて取り締まりを強化する方針に変更されたと言われています。

ここに1842年新しく芝居小屋が造られ、江戸歌舞伎の始祖である猿若勘三郎(初代中村勘三郎)の名から「猿若町」と名付けられたといわれています。

そして、大きな三つの芝居小屋(江戸三座:中村座、市村座、河原崎座)の他にも小さな芝居小屋、芝居茶屋や役者、芝居関係者の住居も作られ、江戸の娯楽の中心地になりました。

猿若町碑

現在は芝居小屋があったことを示す碑が残されています。

写真の説明 1.浅草猿若町碑 2.江戸猿若町市村座碑 3.江戸猿若町守田座碑 4.旧町名由来案内板

【浅草猿若町跡の碑の位置】

より大きな地図で 旧浅草猿若町 を表示

上:藤波小道具株式会社 下:現在の猿若町(浅草6丁目辺り)

明治に入り次第に芝居小屋は各地に移転してしまいました。芝居に関係するお店や人々の家も昭和の初期までは数件残っていたそうです。現在では、芝居の小道具を扱う藤波小道具店(右の写真上,左上の地図の赤いマーク)が、ここに大きな芝居町があったことを感じさせます。

道路からシャッターの開いたガレージの中をのぞいてみると、様々な小道具が所狭しと並んでいます。今もここからお芝居やテレビドラマなどを飾る品々が産み出されていくのを思うと大変興味深いものがあります。

現在の猿若町(浅草6丁目辺り 右の写真下)には店舗が並び、その多くは履物関係の工場や卸店が多いようです。また、マンションも建ち並び、上の写真の石碑もそんなマンションの敷地の隅やガレージの前にひっそりと建っています。そんな姿になんだかちょっと寂しさを覚えます。

参考…人形町

旧・浅草猿若町(きゅう・あさくささるわかちょう)

▲ この画面の上へ